2010 にいがた「銀花」あきのごう その1

にいがた「銀花」
あきからの予定です。
b0162733_18503251.jpg




「アトリエマニスの洋服展」
9/10(金)→16(木) 会期中無休
11:00am→6:00pm 日曜→5:00pm 最終日→3:00pm
会場/にいがた「銀花」
新潟市中央区医学町通1-70
電話025-222-4395

(以下は、マニスの方から頂いた、コメントです)
手仕事系&個性派テキスタイルを集めたちっちゃなインド市、プラス、上質でシンプルなウールの服も入った2010秋のマニス。
b0162733_18545514.jpg

(↑写真は、にいがた「銀花」用にと撮りおろしてくだしいました!)

デリーのバザールで売られていたカシミール産ホックステッチワークのジャケットをリメイクした服はお宝限定1点のみ。自由に伸び伸びとしたアートがおもしろい。ガクラン服みたいな出来合いの服を壊して、マニス服に作り変え。(※写真:人の顔のホックステッチのジャケットです:Mサイズ1点のみ)

動物や神様柄のステッチが楽しい、ジャイプールのアンティーク店で購入したウェルカムクロス(幸運を呼び込む布とか)。古いものを壊してパッチワークしているものながら仕事が雑なのでマニス・バリ部で全面的にリフォームを。(※写真:右に写っている動物ししゅうのもの。限定2-3枚、それぞれ違います。)

ウールとリネンの混紡「ウールカルゼ」のシリーズは“musuburi”のテキスタイルから。カルゼの目が甘いのが特徴で、縦糸がリネン・横糸がカラーウール。ウールのふっくら感とリネンの落ち感のバランスが独特です。パンツ・ジャケット・スカート・カシュクールコートでご用意しました。

その他、ヤクウール・シェットランドウール・この時期に重宝なバリ手織シャンブレー二重仕立ての服が並びます。マニス服のはぎれから生まれた、ちくちく“こぶくろ”さん達も参加します。

。。。シンプルだけどこだわりの、
素材と手しごとを生かしたデザイン。

愉しみ、です。
[PR]