3/8から「越中和紙 八尾ー桂樹舎より」始まります。

和紙が
革のように
変化する。。。
b0162733_21311758.jpg





写真は、桂樹舎で
実際に使われている様子。。。

使われ
光沢が
見られる角座。。。
b0162733_21315842.jpg

外国の革の椅子に。。。
モダンなデザインは
国籍を超え。。。
b0162733_21331436.jpg


糊をひいては揉み、ひいては揉みを繰り返して硬くした「紙子」に、渋紙の型を乗せて植物染料や顔料で色をさしたクッションと角座。
独特のしぼの感触や色調感は、輸入物では味わうことのできない魅力がある。表面は天然のこんにゃく糊でコーティング。
使い続けるうちに、スウェードのような手触りに変化していき、深い味が出てくる。


b0162733_213219.jpg


「越中和紙 八尾ー桂樹舎より」
3/8ー16 会期中無休
11:00-18:00
(日曜日は17:00まで 最終日は15:00まで)
会場/にいがた「銀花」
025-222-4395
[PR]