カテゴリ:展覧会&イベントの予定( 190 )

6月になりました。
いよいよです。
 
肝心の問い合わせ先
のせてなかったので。

にいがた「銀花」025-222-4395/11:00am-6:00pm(6/7は定休日です。),
              当日の5:00pm迄は、対応できると思います。
または、e-mail/niigata.ginka@road.ocn.ne.jp

5/29の新潟日報に本間さんのかっこいい着物姿が載ってました。
(しかし、新聞て。。。年、載せるんですよね。。。)
 
楽しみです。
[PR]
2009年6月10日 水曜日 6:30pm~
メゾソプラノの本間千晶さんのコンサートを開催します。

詳しい事は後ほど。
もちろん、宴会ありです!
[PR]
ササキさんから素敵な写真がとどきました!

b0162733_16573083.jpg


7/3(金)-9(木)銀花で展覧会を予定してます。

カラフルでかわいい器は、こんなアトリエから出来てくるのですね。
 
いまから楽しみです!

b0162733_1729239.jpg

[PR]
二重織・綿紡ぎ 里見秀子/裂き織バック 峯尾友季子/あんぎん(古代織) 林教子/
草木染織・身に纏う布 飯森よしえ

先人の遺した知恵と技を私達の身のまわりに美しいかたちとして、残していきたい。(滋賀)

5/15(金)→21(木)会期中無休
11:00am→6:00pm(日曜日5:00pm迄/最終日3:00pm迄)

b0162733_13511482.jpg
 
飯森よしえ
1947年 神奈川県川崎市生まれ。1985年 友人と共に草木染工房を開く。1995年 独立して染織工房「絲紫野工房」主宰。毎年、工房展「秋・彩・祭」を開催。1999、2001年 個展開催。2002、03、05、06年 滋賀県立草津文芸会館にて「絲・彩・祭」を開催。2003、04年 龍谷大学市民講座の講師を務める。2006年 ギャラリー絲結(しゆう)開設。

          当日は、飯森さんがいらしゃってます。

皆様のおこしをお待ちしております。
[PR]
6月12日からの展示の「松本昌子」さんの人形がとどきました!
すばらしくて、早速upしてみます。
b0162733_13392326.jpg

「古くてちいさな布の切れ端も、大切に使おうとすると、新しい輝きを放つようです。」

人形の他にも、すてきな布を使ったお洋服やカラフルなアクセサリーも楽しみです。



           ↓前の展示の様子です。
b0162733_14382451.jpg
b0162733_14525870.jpg
b0162733_14553883.jpg

[PR]
岡山天満屋『母の手展』の詳細をお知らせします。

期間: 4月8日(水)〜13日(月)
    毎日午後7時半閉場(入場は午後7時まで)
    最終日は午後5時閉場(入場は午後4時半まで)

場所: 天満屋 岡山店6階 葦川会館

入場料: 大人600円、中高校生400円、小学生以下無料
     (天満屋カード会員様、ご本人と同伴2名様までは
      大人400円、中高校生200円となります。
      会場入口でカードをご提示ください)
      

b0162733_151572.jpg

[PR]
2/25発売の季刊「銀花」第157号に掲載されているものもありますが、
4月以降に決まっている展覧会の予定をお知らせします。


■和布で紡ぐ日本の心『母の手展』■
 期間: 4月8日(水)〜13日(月)
 場所: 天満屋 岡山店 
     岡山県岡山市表町2丁目1番1号
 
   「もったいないの心得 家族の暮らし」のテーマで
   池晶子が刺子、古布のコレクション、古布のチクチク・・・
   などを出品いたします。
   お近くの方はぜひお越しください。
   ※この期間中、にいがた銀花は通常どおりの営業です。



■山の手仕事展■   
b0162733_14304552.jpg 



 
 期間: 4月17日(金)〜23日(木)
 場所: にいがた銀花(池洋服店2階ギャラリー)

     今年もにいがた銀花に雪深い山里の人々の手仕事が集まりました。
     原始織しな布とその製品、他に山ブドウ、クルミ、アケビの籠など。



■飯森よしえと手しごとの仲間展ーびわ湖からの風ー■

 期間: 5月15日(金)〜21日(木)
 場所: にいがた銀花 (池洋服店2階ギャラリー)

     先人の遺した知恵と技を私達の身のまわりに美しい形として
     残していきたい。
     二重織・綿紡ぎ 里見秀子/裂き織バッグ 峯尾友季子/
     あんぎん(古代織) 林教子/草木染織・身に纏う布 飯森よしえ



■松本昌子の人形と服とetc展ー小さな布たちのハーモニーー■

 期間: 6月12日(金)〜18日(木)
 場所: にいがた銀花 (池洋服店2階ギャラリー)

     古くてちいさな布の切れ端も、大切に使おうとすると
     新しい輝きを放つようです。



■ササキハルミ陶展■

 期間: 7月3日(金)〜9日(木)
 場所: にいがた銀花 (池洋服店2階ギャラリー)

     楽しんで作った私の手から、楽しんで使ってくれる人の手に
     そして、それで少しだけ元気になってもらえたら
     私もまた元気になって・・・幸せが広がります。



■中国藍印花布展ーうたうように、おどるようにー■

 期間: 7月24日(金)〜30日(木)
 場所: にいがた銀花 (池洋服店2階ギャラリー)

     宋代の頃より人々の暮らしのなかで、愛されて来た印花布。
     しっかりとした木綿地に、藍で吉祥文様が染められた素朴な
     模様の美しさをお楽しみください。
     


++++++++++
にいがた銀花での展覧会は、会期中は無休で、午前11時〜午後6時まで。
ただし日曜は午後5時、最終日は午後3時までとなります。
追加情報、変更などありましたら、都度お知らせいたします。
[PR]
『金光かずみ トンボ玉アクセサリー展』
ー古代から17-19cのトレードビーズまでー

日時:2009年3月27日(金)〜4月2日(木)
   11時〜18時
   (会期中は無休。日曜日は17時まで、最終日は15時まで)

場所: にいがた『銀花』
    新潟市中央区医学通1-70
    tel:025-222-4395

*****
かねみつ・かずみ
古代からのトンボ玉の収集家であり、またそれらのトンボ玉を集め、
一点一点、オリジナルデザインによるネックレスやイヤリングなど
アクセサリーに加工。トンボ玉の他、天然石やガラスビーズ、木、
ココナッツビーズなどの組み合わせでデザインをする。大阪在住。

【トンボ玉】
蜻蛉玉とは、穴の開いたガラス加工玉で、その表面に文様を施したもの。
その歴史は古く、紀元前よりエジプト、メソポタミアで作られ、その後
西アジア、地中海沿岸、ベネチア、オランダ、日本など、世界各地に
伝わっていったと言われている。
b0162733_1316859.jpg

b0162733_13165489.jpg

[PR]
【うさぎのお雛様を作る会】を開催いたします。
ご参加希望の方は、お電話にてお申し込みをお願いいたします。

日時: 3月18日(水) 11時〜15時
場所: カフェ ばら屋
    新潟市中央区医学通1-70(池洋服店内)
    tel:025-222-4395

参加費: 3,200円(コーヒー付き)

コーヒーを飲みながら、お雛様を作ります。
お申し込みをお待ちしております。

b0162733_15434019.jpg

[PR]
『はしれ、きかんしゃ ちからあし』
藍澤ミミ子 絵本出版記念原画展

日時:2009年3月6日(金)〜12日(木)
   11時〜18時
   (会期中は無休。日曜日は17時まで、最終日は15時まで)

場所: にいがた『銀花』
    新潟市中央区医学通1-70
    tel:025-222-4395

*****
あいざわ・みみこ
1933年新潟市生まれ。74、97年に版画で県展賞受賞。県展無鑑査。
2001年に東京・京橋で個展を開催。
  
3月9日の新潟日報に、藍澤ミミ子さんと絵本について
詳しく紹介されています。こちらもご覧くださいませ。

みなさまのお越しをお待ちしております。
b0162733_1691180.jpg

b0162733_1693089.jpg

[PR]