<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

24日。
お庭で咲いた花をいただきました。英字新聞で包んでさりげなくステキに。
b0162733_173585.jpg


25日。
古布の端切れセットでかばんを作って、みせてくださいました。
水玉模様の絣がかわいい感じ。
b0162733_17165326.jpg
自家製の笹団子もいただきました。まだやわらかくて、おいしくいただきました。
b0162733_17171713.jpg


b0162733_1738599.jpg
目をくりくりさせて、フクロウみたいなミーとミーのおトモダチ。
b0162733_17344832.jpg

[PR]
二重織・綿紡ぎ 里見秀子/裂き織バック 峯尾友季子/あんぎん(古代織) 林教子/
草木染織・身に纏う布 飯森よしえ

先人の遺した知恵と技を私達の身のまわりに美しいかたちとして、残していきたい。(滋賀)

5/15(金)→21(木)会期中無休
11:00am→6:00pm(日曜日5:00pm迄/最終日3:00pm迄)

b0162733_13511482.jpg
 
飯森よしえ
1947年 神奈川県川崎市生まれ。1985年 友人と共に草木染工房を開く。1995年 独立して染織工房「絲紫野工房」主宰。毎年、工房展「秋・彩・祭」を開催。1999、2001年 個展開催。2002、03、05、06年 滋賀県立草津文芸会館にて「絲・彩・祭」を開催。2003、04年 龍谷大学市民講座の講師を務める。2006年 ギャラリー絲結(しゆう)開設。

          当日は、飯森さんがいらしゃってます。

皆様のおこしをお待ちしております。
[PR]
「山の手仕事展」が昨日、終わり、
新潟日報にその時の様子が掲載されました。
b0162733_186242.jpg

反響がすごくて、朝からひっきりなしに、おといあわせの電話が。
来客も多く、思いがけない1日となりました。

ありがとうございました。
[PR]
先日お知らせいたしましたが、本日4/22に配布されたフリーペーパー
『新潟情報』の4ページに掲載されています。
「お店の看板にゃんこ&わんこ」特集で、カフェばら屋に出勤してくる
おなじみのミーが主役です。 ご覧くださいね。
b0162733_1644990.jpg
◎おまけ 以前、刺したチクチクも。トカゲか蛙か、なにかの模様が見えます。何でしょうか?
b0162733_16413280.jpg

[PR]
本日、発売だそうですが、
1週間前に本誌が届き、一足お先に拝見。
お客様にもお見せしてたら
「この本、本屋さんにあったっけ。」
おととい、近所の大きな書店で違う表紙のキャレルを見て、納得。

4月は桜でしたが、5月は猫です。(ミーではありませんが、残念ながら。)

いつも、コーヒーを飲みに来て下さるお客様と。↓
b0162733_1840366.jpg

よろしくニャー。(ミーに成り代わり) 迷惑?
[PR]
朝、会場に入ると木の香りが。山ブドウ、アケビ、シナ、クルミ、
いろいろの木の皮からのいいにおいがします。
b0162733_1312015.jpg
今日、一番にアケビの花を戴きました。お宅のお庭からの今朝切って下さったそうで、緑の葉がキレイです。
スタッフが生けて、アケビの籠のそばに飾りました。
「家の近くにもあるけど、水揚げしないと思ってた。きれいね。」
b0162733_1243524.jpg

新潟日報の取材の方と。掲載は、24日頃になるそうです。
b0162733_132384.jpg
写真を撮るときの丁度コーヒーを飲みに来ていたお客様にモデルになっていただいて。
ノリのいい方、親子さんで、快く引き受けていただきました。
ありがとうございました。
[PR]
昨日の朝、お花見に鳥屋野潟へ
b0162733_1825114.jpg


前の日迄の暖かさが一変、今日は寒い朝。
花も満開を少し過ぎ、花びらがはらはらと落ちてきてました。
(12日から白山祭りがはじまったので、お天気が悪くなるのです、なぜか)
b0162733_1833983.jpg


b0162733_184956.jpg
毎年、祖母と車で鳥屋野潟を一週するのが恒例で。
今回は、車でやすらぎ堤やりゅうとぴあ、西大畑公園を駆け足で見て回りました。
[PR]
by niigata-ginka | 2009-04-16 10:40 | 日日の出来事
先日も写真を少し掲載しましたが、引き続き『母の手展』、会場の展示風景です。
なんとなくでも雰囲気を感じていただければ嬉しいです。

大森さんプロデュース(展示)の帯のチクチク その節はありがとうございました。
b0162733_15342384.jpg

昔の人のと今のチクチクの着物
b0162733_15344798.jpg

白の世界 大森さんプロデュース 佐藤さんがその場で糸で棒に通せるようにしていだだきました。ありがとうございました。
b0162733_15363119.jpg

芸術的な襤褸の前掛と刺子の手袋。昔の人の作です。
b0162733_15364618.jpg

コチラは楽しそうな展示ですね、デパートの方からのコメント。
b0162733_15353245.jpg

新潟に帰って来てから、岡山に転勤で移られた方から「見たよ」と電話がありました。
その方にお知らせするのを忘れてしまっていて。ゴメンなさい。
「来ていたのなら連絡くれたら良かったのに。」スミマセン、うっかりしておりました。
岡山には、秋、展示でお世話になった佐藤のお店でチクチクする会を企画中。詳しい事が決まりましたらお知らせします。
[PR]
今日はお客さまから素敵なお花をいただきました。
おいしそうな山菜もいろいろ。春ですね〜。
田上方面の山から採ってきてくださったそうです。
お花はスタッフが生けました。やまぶきの黄色で店内がとても華やかに。

まずは黄金色が美しいやまぶきの花。山吹色のもとになっています。
色は鮮やかながら花はひそやかで可憐です。
5月4日の誕生花で、花言葉は「気品」や「崇高」だそうです。

b0162733_1855040.jpg


次に山の幸の数々。春の代表的な山菜がたくさんです。
ふきのとう、うど、たらの芽、もちぐさ(よもぎ)・・・
豊かな山のめぐみたちです。

b0162733_18648.jpg


そしてこれまた可憐な白い花をつけているのは、わさびの花。
わさびのツーンとする辛さからはイメージできないかわいい花です。
わさびは水のきれいな場所を好むといいます。
山でわさびを見るとまだ水がきれいなんだと嬉しくなります。
ちなみに5月26日の誕生花で、「目覚め」「うれし涙」が花言葉です。

b0162733_1854742.jpg


こんな素敵なプレゼントをくださったT様、ありがとうございます。
[PR]
天満屋さんの展示の前後に岡山の辺りを観光しました。
初日は、大森さんに車であちこちに。
きれいな山桜を眺めながら、
倉敷市へ。

b0162733_10555953.jpg
丸亀製麺と言う釜揚げ讃岐うどん屋さんで、昼食。
b0162733_10561584.jpg
写真はぶっかけにかしわ天(鳥肉)をトッピング。
b0162733_10563075.jpg

オススメの鯛焼き屋さんで、
皮が薄くてパリパリと美味しいです。
「新潟なら10個も買うわ。」
藤戸寺前の「鯛よし」とゆうところです。

展示当日、の昼 「暮らしき」という本に載っていた「野の」という
大原美術館の近くのお店で、1日限定10食のお昼を予約。
b0162733_17125878.jpg

お野菜中心のワンプレート 四角のお皿が素敵。
b0162733_1715473.jpg
b0162733_10582432.jpg

食後、大原美術館の向かいの「倉敷珈琲館」で、ウインナーコーヒー。
レンガの壁と使い込まれた木の家具で、落ち着いた雰囲気でコーヒーを楽しめます。
この後、岡山市へ。。。
続く?
[PR]
by niigata-ginka | 2009-04-12 09:18